PBWEB.jp > Blog > MacBook ProやMacBookのバッテリ駆動時間が極端に短い

MacBook ProやMacBookのバッテリ駆動時間が極端に短い

バッテリで駆動しているときに、満充電にもかかわらず短時間でいきなりシャットダウンしてしまう症状。

システムプロファイラでバッテリー情報を確認すると「完全充電時の容量(mAh)」の数値がおかしいこともある(通常は5,000〜6,000mAh程度)。

アップルから、「MacBook および MacBook Pro のバッテリーアップデート 1.2」が配布されている。これは、バッテリーファームウェアをアップデートし、バッテリーの機能を向上させるもの。
ただし、このアップデータは、システム/ライブラリ/SystemConfiguration フォルダにある「BatteryUpdater.bundle」のバージョンが「BatteryUpdater 1.2」になっている場合は、インストールする必要はない。
また、2007/10/4に15インチモデル用の「バッテリーアップデート 1.3」が配布開始された。こちらもアップデートすると、システム/ライブラリ/SystemConfiguration フォルダにある「BatteryUpdater.bundle」のバージョンが「BatteryUpdater 1.3」になる。すでになっている場合は、アップデートの必要はない。

さらに、PRAMクリアやパワーマネージャのリセットを試しても解決しない場合は、バッテリ本体に問題がある可能性が高い。

アップルでは「15 インチ MacBook Pro バッテリー交換プログラム」が実施されている。
対象となるバッテリは無償交換となる。

関連ページ

Comments are closed.