PBWEB.jp > Blog > 磨いたらかえって傷だらけになったApple Watchをリカバリー

磨いたらかえって傷だらけになったApple Watchをリカバリー

Apple Watchが発売されてそろそろ1年が経とうとしています。
わたしも約1年、毎日使っているので、ステンレスの細かい傷が気になってきました。

海外のサイトなどを見ていたら、金属研磨剤で磨けばOKといったことが書かれていたので、さっそく手近にあるペースト状のステンレス磨きを使って磨いてみたところ、ひどいことになりました。
言ってみれば、使い込んだステンレス製の蛇口?
細かい傷が無数にできて、光沢がすっかりなくなってしまったのです。

傷だらけのApple Watch

そこで、ここまできたらもうダメ元でいろいろと試したところ、何とか以前の状態に戻せたので、レポートします。
最終的にうまくいったのは、「KOYO ステンレスみがきクロス」、Amazonでは現在349円で販売されています。

この製品は、クロスに超微粒子の研磨材とツヤ出しワックスが含まれています。
あまり力を入れずに磨くのがコツのようです。磨くにつれ、クロスの方は黒くなっていきます。
クロスにはワックスが含まれているので、気になる人は手袋をして作業をした方がいいかもしれません。

KOYO ステンレスみがきクロス

丹念に磨いていくと、光沢も復活し、目視ではほとんどわからないくらいにリカバリーすることができました。

Apple Watch 光沢復活

Apple Watchの細かい傷が気になる方にはオススメです。

関連ページ