PBWEB.jp > Blog > 【レビュー】iPhone 7以降でも充電しながら好みのヘッドフォンを使えるアダプタ「belkin 3.5mm Audio+Charge RockStar」

【レビュー】iPhone 7以降でも充電しながら好みのヘッドフォンを使えるアダプタ「belkin 3.5mm Audio+Charge RockStar」

iPhone 7以降のイヤホンジャックが廃止されたiPhoneでは、対応ヘッドフォンをLightningポートに挿して音楽を楽しむことになります。しかし、Lightningポートを使ってしまうので、そのままでは充電しながら聴くことができません。
belkin 3.5mm Audio+Charge RockStar」は、そこを解決し、充電しながら好みのヘッドフォンなどで音楽を楽しめるアダプタです。

belkin 3.5mm Audio+Charge RockStar

同社からは、充電しながらLightningオーディオを聴くことが可能な(Lightningポートを2つ搭載した)アダプタ「belkin Lightning Audio + Charge RockStar」が昨年末より販売されています。

この「3.5mm Audio+Charge RockStar」では、Lightningポートのほかに3.5mmイヤホンジャックを搭載し、多くのヘッドフォンやイヤフォンなどがそのまま利用可能となっています。

belkin 3.5mm Audio+Charge RockStar

また、「Lightning Audio + Charge RockStar」はデータ同期ができませんでしたが、「3.5mm Audio+Charge RockStar」のLightningポートはデータ同期にも対応しています。試してみたところ、音楽を聴きながらiTunesと同期することもできました。

さて、実際にいろいろと試してみました。
もちろん、充電をしながら音楽を聴くことは可能です。
iPhoneは、再生中にイヤホンジャックからヘッドフォンが外れると一時停止状態になります。「3.5mm Audio+Charge RockStar」も同様に、ヘッドフォンを抜くと一時停止しました。
EarPodsなどに搭載されているリモコンマイクですが、これも「3.5mm Audio+Charge RockStar」で正しく動作しました。マイクも使えますので、通話や録音も可能です。
モバイル向けのクリップマイク「IK Multimedia iRig Mic Lav」も利用可能でした。

belkin 3.5mm Audio+Charge RockStar

一方、Lightningポートのほうはオーディオに対応していません。
ここに純正の「EarPods with Lightning Connector」を挿してみても音声は出ません。同様に「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を利用して音楽を聴くこともできません。

試しにイヤホンジャックを搭載しているiPhone 6sでも使ってみました。ちなみに、ベルキンのページにある「互換性」では、iPhone 6s以前のモデルは非対応となっています。

まず、「3.5mm Audio+Charge RockStar」を通して音楽を聴くことができました。ただ残念ながら、本体のイヤホンジャックも使って2本のヘッドフォンで同時に音楽を聴くことはできませんでした。あとから挿したほうのヘッドフォンから音楽が再生されます。
リモコンマイクは正しく動作しました。また、音楽を聴きながらデータ同期することもできました。
iPhone 7以降と同様に使えるとはいえ、本体のイヤホンジャックと両方同時に音楽を聴けるわけではないので、iPhone 6s以前のモデルでは特に利点はないということになりました。

iPhone 7以降の本体にイヤホンジャックのないモデルで、以前と同じように充電/同期しながら音楽を楽しむことができます。
この「以前と同じように」というのは、リモコンマイクが使えたり、イヤフォンを抜くと再生が停止したりと、まったく同じように使えるということです。Appleの認証「Made for iPhone」も取得していて、安心して使える製品と言えるでしょう。

関連ページ