PBWEB.jp > Blog > 【レビュー】USB-Cから4K映像を出力できる軽量アダプタ「TUNWEAR USB-C to HDMI v2.0 4K UHDTV変換アダプタ」をフルHDディスプレイに接続

【レビュー】USB-Cから4K映像を出力できる軽量アダプタ「TUNWEAR USB-C to HDMI v2.0 4K UHDTV変換アダプタ」をフルHDディスプレイに接続

フォーカルポイントからUSB-Cポートに接続して4K映像を出力できる変換アダプタ「TUNWEAR USB-C to HDMI v2.0 4K UHDTV変換アダプタ」が販売されています。
USB-Cを搭載したMacはもちろん、iPad Proでも利用可能です。

TUNWEAR USB-C to HDMI v2.0 4K UHDTV変換アダプタ

軽量な変換アダプタながら、最大4K UHDTV(3840×2160 / 60Hz)の解像度に対応しています。リフレッシュレートが60Hzでなので、ちらつきが目立たないスムーズな表示が可能です。

HDMIポート

重量はわずか18グラム。

18グラム

MacBook Airに接続して4K/60Hzの出力も確認できました。

MacBook Airのディスプレイ環境設定

さて、ではこのアダプタをフルHD(1920×1080)のディスプレイに接続するとどうなるでしょう。
iPad Proを接続してみました。

iPad ProをフルHDディスプレイに接続

1920×1080 60Hzで出力されました。

ディスプレイでの表示

「TUNWEAR USB-C to HDMI v2.0 4K UHDTV変換アダプタ」は、同社オンライン直営ストアにて販売されています。

関連ページ