PBWEB.jp > Blog > 【レビュー】18W PD出力対応で軽量コンパクトな10000mAhモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 PD」

【レビュー】18W PD出力対応で軽量コンパクトな10000mAhモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 PD」

アンカー・ジャパンから、18WのUSB PD出力に対応した10,000mAh大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 PD」が発売されました。
手のひらに収まるフォルムとコンパクトさと軽さを実現。
USB PD対応で10,000mAh以上のモバイルバッテリーでは、世界最小最軽量クラスということです。

Anker PowerCore 10000 PD

バッテリー本体のほか、次の付属品が同梱されています。

  • PD対応USB-Cケーブル(約90cm)
  • 収納ポーチ
  • ユーザーマニュアル類

USB-Cケーブルは、USB 2.0規格でした。
収納ポーチは、本体以外に付属ケーブルを収納できる余裕があります。

付属品

バッテリー容量は10,000mAhで、iPhone XSは約3回、iPad Pro (2018, 11インチ) には約1回充電できると謳われています。
USB-CポートとUSB-Aポートが各1ポート搭載されています。

ポート類

各ポートの出力は次のとおり。合計で28W出力が可能です。

  • USB-C PD 出力:5V / 3A、9V / 2A、15V / 1.2A(最大18W)
  • USB-A PowerIQ 出力:5V / 2A(最大10W)

USB-Cポートは入力にも対応していて、18W以上のPD対応の充電器を使えば、バッテリー本体を高速で充電できます。

  • USB-C PD 入力:5V / 3A、9V / 2A、15V / 1.2A(最大18W)
本体のプリント部

18WのUSB PDに対応した超小型電源アダプタ「Anker PowerPort Atom PD 1」を使って残量ゼロからフル充電まで3時間5分ほどでした。
超小型電源アダプタ「Anker PowerPort Atom PD 1」は、こちらでレビューしています

Anker PowerPort Atom PD 1で充電

本体の重さは197グラム。
日々の持ち歩きにもさほど負担にならない重さです。

重さは197グラム

Phone X以降では、USB PDによる急速充電に対応しています。
「USB-C – Lightningケーブル」で接続することで、iPhone XSを30分で0%から約50%まで充電することができました。

また、低電流モードを搭載し、Bluetoothイヤホンなどの小型機器やウェアラブル機器への充電に必要な低電流を供給することができます。
低電流モードへは、電源ボタンを2回クリックするか、2秒長押しします。4つあるLEDインジケータの右端の1つがグリーンに点灯すると低電流モードです。
低電流モードで電源ボタンを1回クリックすると、通常モードに戻ります。

通常モードと低電流モード

USB-CポートにMacBook Air (2018) を接続して「システム情報」で確認してみたところ、18Wで電源供給されていることがわかります。
緊急時にしかお勧めできませんが、MacBookやMacBook Airなら充電することも可能です。スリープやシャットダウンしているのであれば、MacBook Proを充電することもできるでしょう。

MacBook Airのシステム情報

外出先でのiPhoneやiPad Proの急速充電や、いざという時のMacBookファミリー用のバッテリーとして、普段から持ち歩くことのできるサイズのバッテリーです。

「Anker PowerCore 10000 PD」は以下の公式オンラインショップで購入できます。

関連ページ