PBWEB.jp > Blog > 【レビュー】Thunderbolt 3接続のSSDケース「OWC ENVOY EXPRESS」 ‒ どこでも使いやすい超高速ストレージ

【レビュー】Thunderbolt 3接続のSSDケース「OWC ENVOY EXPRESS」 ‒ どこでも使いやすい超高速ストレージ

Thunderbolt 3認証を取得した「OWC ENVOY EXPRESS」は、M.2 NVMe SSDに対応し、バスパワーで使用できる高速SSDケースです。

OWC ENVOY EXPRESS

パッケージには、OWC ENVOY EXPRESS本体のほか、スライド式のプラスチックホルダーとプラスドライバーが付属しています。

Envoy express パッケージ
ホルダー
ドライバー

本体背面の2つのネジを外すと、裏蓋が取れます。
Thunderbolt 3ケーブルは内部にあるコネクタに差し込まれていて、交換することも可能だと思われます。

本体内

SSDケースなので、本体の他にSSDを用意する必要があります。今回は、OWCのM.2 NVMe SSD「AURA P12」を使用しました。

SSDを搭載

このSSDを搭載した状態では、重さは103グラムでした。

103グラム

MacBook Air (M1, 2020) に接続した際のシステム情報です。
Thunderbolt 3の最大値である 40Gb/秒で接続されていることがわかります。

システム情報

「Blackmagic Disk Speed Test」で実際に速度を計測してみした。
書き込みで1200MB/秒以上、読み込みで1400MB/秒以上の速度を叩き出しています。
従来使っていたUSB3.1 Gen2接続のSSDでは書き込み・読み込みともに350MB/秒程度でしたので、顕著な速度の向上が見られ、非常に快適です。

速度計測結果

速度はもちろんなのですが、「OWC ENVOY EXPRESS」を実際に使ってみてとても便利なのが、スライド式のホルダーです。
このホルダーは主にノートのディズプレイの裏側に貼り付けて使います。

ホルダーに装着したところ

出先などで狭いテーブルや膝上などでの作業を余儀なくされた際に、外付けストレージをどこに置いておくかは悩ましい問題です。それを一発で解消してくれます。
スライド式なので、SSDの付け外しも簡単。ホルダー自体も吸着ゲルで貼り付けるので、気軽に貼り替えができます。

スライドで着脱可能

出先だけでなく、室内・屋内でのちょっとした移動でも、外付けストレージを接続したままでMacBookを安心して持ち運ぶことができます。

超高速なストレージを外出先など作業環境を問わず、手軽に便利に利用できるSSDケースです。

「OWC ENVOY EXPRESS」は、以下の各オンラインストアなどで販売されています。

関連ページ