PBWEB.jp > Blog > 【レビュー】高硬度の人工サファイアを採用したiPhone用スクリーンプロテクター「マイクロソリューション Sapphire Screen M9 Protector」

【レビュー】高硬度の人工サファイアを採用したiPhone用スクリーンプロテクター「マイクロソリューション Sapphire Screen M9 Protector」

マイクロソリューションから、iPhone 12 / 12 Pro / 12 Pro Max / 12 mini用のスクリーンを保護する人工サファイアプロテクター「Sapphire Screen M9 Protector」が販売されています。

Sapphire Screen M9 Protector

iPhoneのカメラレンズカバーやApple Watch(上位モデル)の風防などにも使用されている人工合成サファイアを贅沢に採用したスクリーンプロテクターです。
モース硬度9の強さを誇り、キズや割れ、欠けに非常に強いのが特長です。

パッケージ内容

パッケージ内容は、スクリーンプロテクター本体のほか、位置決めのためのガイド、クリーニングクロス、埃取りのための粘着シートです。

今回は、iPhone 12 miniに貼ってみました。
最初にクリーニングクロスや、粘着シートなどを使ってiPhoneのスクリーンの表面にある埃を取り除いておきます。この製品に限らず、スクリーンプロテクターを貼る際の成否は、この事前の埃取りにかかっていると言っても過言ではありません。丁寧に作業しましょう。

位置決めのガイドを装着

貼り付ける段階では、位置決めのガイドをiPhoneに装着することで、プロテクターを貼る位置をしっかりと固定することができます。ズレてしまうこともなく、一回できっちり正しい位置に貼ることができました。ここで少しずれると何度か貼り直すことになり、埃などの混入の可能性も上がってしまうので、一度でちょうどの位置に貼れるのはありがたいことです。

一方の短辺を合わせたあとにそっと手を離して、プロテクターの自重で自然に貼り付くように貼りました。小さな気泡も入りましたが、貼り付けたあとに上から押し出すようにすることで、消すことができます。

Sapphire Screen M9 Protector

貼った後の使用感はとても良好です。
人工サファイアは熱伝導率が高いので、触れるとひんやりします。夏場には放熱にも効果がありそうです。
iPhoneを操作する際の指のすべりも滑らかですし、反応も何ら問題ありません。また、透明度もとても高く画面も鮮明に見えます。さらに、指紋などの汚れもさっと拭き取れるので、常に快適に使用することができます。

このように人工サファイアはスクリーンには非常に適した素材なのですが、純正採用されていないのはひとえにそのコストにあります。

そのコストを反映して、この製品の価格は、iPhone 12 mini用が6,800円、12 / 12 Pro / 12 Pro Max用が7,800円です。
これだけみると、少々高いと思いますが、実は同社は2年前にはiPhone XS / X用の人工サファイアのスクリーンプロテクターを出していました。そのときの価格はiPhone XS Max 用で12,800円でした。それと比較すると、ずいぶん手を出しやすくなっていると言えます。

Sapphire Screen M9 Protector

たしかにスクリーンプロテクターとしては値が張る部類にはなりますが、非常に強い素材である人工サファイアを使用したプロテクターは他のものに代えられない安心感をもたらしてくれます。

現在、Amazon Micro Solution Direct にて、下記価格で販売されています。

関連ページ