PBWEB.jp > Blog > 【レビュー】AirPods Pro用の形状記憶フォーム製イヤーチップ「COMPLY AirPods Pro 専用チップ」

【レビュー】AirPods Pro用の形状記憶フォーム製イヤーチップ「COMPLY AirPods Pro 専用チップ」

形状記憶フォーム製イヤーチップといえば誰もがご存知のCOMPLYから、AirPods Pro専用のイヤーチップが販売されています。
純正はシリコン製のイヤーピースが付属していますが、形状記憶フォームのイヤーチップではより外耳道に密着して装着でき、遮音性が向上します。

COMPLY AirPods Pro 専用チップ

サイズは、S、M、Lの3種類が用意されています。パッケージには3ペア(6個)入っています。
また、S、M、Lの3種類がそれぞれ1ペアずつ入ったパッケージも用意されています。サイズ選びに迷った場合などに便利です。

パッケージ

わたしは、純正でLサイズを使用していますが、COMPLYもLサイズを使用してちょうどいいサイズでした(左が純正イヤーチップ)。
付け外しも簡単で、カッチっと取り付けられて安心感があります。また、iPhoneによる「イヤーチップ装着状態テスト」も、純正同様行うことができます。

純正との比較

Lサイズでも、AirPods Pro充電ケースにきちんと収まります。
ただし、ケースに収めたと思っていても、きちんと充電されていないことが何度かありました。
これはLサイズという大きさの影響もあると思いますが、必ず左側のみに起こっていたので、個体差が大きいのではないかと考えています。Lサイズを使用する場合は、ケースに入れるときにきっちりと納めるように少し注意したほうがいいかもしれません。

ケースに収納

装着する際には、指で体熱活性化メモリーフォームをつまむように潰してから耳に入れます。耳に入れたあとにフォームが元の形状に膨らんでいくことで、外耳道に密着します。
密着することで遮音性が高まり、ノイズキャンセリングの効きも良く感じられます。もちろん外音取り込みモードでは、純正と変わらず外の音をきちんと聞き取ることができます。
音質は、AirPodsの素直な音質そのままに、全体として音の丸みが増した印象です。音の解像度は少し下がると感じるかもしれません。
もう少し外耳道の奥まで入れられるサイズならば、さらに音質は良くなるとは思いますが、ケースに収まるサイズという制限のため、フォームタイプではここが限界なのかもしれません。

イヤーチップとAirPods Pro

フォーム部には通気性もあり、耳にフィットしながらも快適に使うことができます。
フォームを使用したイヤーチップはすでに他からも販売されていますが、それらと比較しても音質は悪くありませんし、耳への負担とフィット感、そして遮音性のバランスは、さすがCOMPLY。一日の長があります。

「COMPLY AirPods Pro 専用チップ」をAmazonで見る

関連ページ