PBWEB.jp > MacBook > MacBook の FAQ & Tips > MacBook の温度対策

MacBook の温度対策

高速プロセッサと発熱は切っても切れない関係がある。
MacBook も内蔵ファンを設けるなどの発熱対策を施しているが、使用者もたとえば熱のこもりやすい布団などの上では長時間使わないなどの配慮が必要だ。

積極的に冷却するためには冷却台が各種販売されている。
MacBook 専用に設計されているものとしては、バルミューダデザインの「X-Base」、マイクロソリューションの「ICE SINK II」、パワーサポートの冷却フィン「-4℃」「-8℃」などの製品がある。

また、ファンの回転数を調整するソフトウェアもある。
初めに断っておくが、これらのソフトウェアはシステムのかなり深いところにアクセスするので、何か不具合が起こったとしてもすべて自己責任となることに注意してほしい。

smcFanControl:ファンの最低回転数を調整するアプリケーション
Fan Control:最低回転数とともに、最低温度、最高温度を設定してファンの回転を調整するシステム環境設定パネル
iCyclone:ファンの回転数を指定するマニュアルモードと、最低回転数と上限温度を設定して回転数を自動調整するオートモードのあるアプリケーション。

参考:Apple Knowledge Base: 30612 Apple Notebooks: 動作時温度

関連ページ

Comments are closed.