PBWEB.jp > ニュース > ソフトウェア違法コピーで学校法人が2億1千万円の和解金

ソフトウェア違法コピーで学校法人が2億1千万円の和解金

ビジネス ソフトウェア アライアンス (BSA) が、アップルを含むBSAメンバー企業5社と首都圏所在の学校法人との間におけるビジネスソフトウェアの著作権侵害に関し、全世界では過去2番目、日本を含むアジア地域では過去最高額となる約2億1千万円の和解が成立したことを発表しています。
[プレスリリース]

関連ページ

Comments are closed.