PBWEB.jp > ニュース > Steve Jobs CEO、Flashについての見解を公開

Steve Jobs CEO、Flashについての見解を公開

米アップルが、Steve Jobs CEOの署名入りで「Thoughts on Flash (Flashについての見解)」という文書を公開しています。
iPhone、iPod、iPad上でFlashを動作させないことについて、「オープンさ」「完全なWeb」「信頼性、セキュリティ、パフォーマンス」「バッテリー寿命」「タッチ操作」「最も重要な理由 (サードパーティの介入によるプラットホームの進歩の妨げ。クロスプラットフォーム開発では最良のiPhone用アプリを作れないこと。AdobeはMac OS Xへの対応が遅く、CS5でようやくCocoaに対応したことなど。)」という6つの理由を元に、FlashはPCとマウスの時代のもので、モバイルの時代には低消費電力、タッチ操作、オープンなWeb標準が必要で、Flashはそれには力不足であるとしています。そして、AdobeはAppleを非難するよりも、オープンな標準規格、HTML5のツールを開発することにフォーカスするべきだと述べています。

関連ページ

Comments are closed.