PBWEB.jp > ニュース > ソフトバンクモバイル、下り最大42Mbpsの高速パケット通信「ULTRA SPEED」を発表

ソフトバンクモバイル、下り最大42Mbpsの高速パケット通信「ULTRA SPEED」を発表

ソフトバンクモバイルが、HSPA+およびDC-HSDPAに準拠した高速パケット通信サービス「ULTRA SPEED」を2011年2月下旬以降に提供開始すると発表しています。「3Gハイスピード」の通信速度の約6倍となる下り最大42Mbpsを実現しています。
対応端末は、法人向けデータ通信専用端末「SoftBank 004Z」が2月下旬以降に、個人向けモバイルWi-Fiルーター「SoftBank 007Z」とUSBデータ通信専用端末「SoftBank 005HW」が3月下旬以降にリリースされる予定です。

[プレスリリース: 「ULTRA SPEED(ウルトラスピード)」の開始について ~下り最大42Mbpsの高速パケット通信が可能に~]

関連ページ

Comments are closed.