PBWEB.jp > ニュース > 米アップル、クパティーノに新本社となる「宇宙船」を計画

米アップル、クパティーノに新本社となる「宇宙船」を計画

新本社キャンパス「宇宙船」9 to 5 Macが、アップルのSteve Jobs CEOが、クパティーノ市議会において、新社屋建設計画のプレゼンを行ったと伝えています。

今年初めにHPから購入した150エーカーの土地に、Jobs氏が「spaceship (宇宙船)」と呼ぶランドマーク的な建物を建設する計画だということです。
12,000人を収容する新社屋は、WWDC のようなイベントにも使われるようで、3,000人が一度に利用できるホールやカフェテリアも備える模様。
また、世界中でアップルストアを作った経験を活かし、建物には平面ガラスはいっさい使わず、すべてを曲面ガラスにするそうです。
電力は天然ガスやよりクリーンで効率的な燃料で発電し、バックアップとして電力会社からの通常の電力を使用。

来年着工され、2015年の完成が予定されているということです。

[9 to 5 Mac: Steve Jobs presents ideas for new Apple ‘mothership’ campus to Cupertino City Council]

関連ページ

Comments are closed.