PBWEB.jp > ニュース > 富士フイルム、99パターンから最適画質を自動で設定するタッチパネルデジカメ「FinePix Z950EXR」を発売

富士フイルム、99パターンから最適画質を自動で設定するタッチパネルデジカメ「FinePix Z950EXR」を発売

富士フイルムが、3.5型ワイド・タッチパネルを搭載し、広角28mmからの光学式5倍ズームと最適な画像処理を行う超解像技術との組み合わせで、10倍までくっきり美しい撮影が可能なコンパクトデジタルカメラ「FinePix Z950EXR」を発表しています。

全99パターンの撮影条件に合わせて、カメラが自動で最適な画質設定を行う「プレミアムEXR AUTO」モードでは、従来のシーンの認識、人物の有無と逆光の判断に加えて、新たに被写体の動きの有無を検出し、動きが大きい被写体には、感度とシャッタースピードを上げてブレを軽減できるようになっています。

カラーは、ピンク、ピンクゴールド、レッド、ホワイト、ブラックの5色。
9月17日発売で、価格はオープンプライスです。

FinePix Z950EXR

[ニュースリリース: 28mmからの光学式5倍ズームと、最適な画像処理を行う「超解像技術」で10倍までキレイに撮れるスタイリッシュスリム EXR CMOSセンサー搭載 デジタルカメラ「FinePix Z950EXR」新発売]

関連ページ