PBWEB.jp > ニュース > Jobs氏の死因は、膵臓腫瘍による呼吸停止 – ロイター

Jobs氏の死因は、膵臓腫瘍による呼吸停止 – ロイター

ロイターが、Steve Jobs氏の死因は、膵臓の腫瘍による呼吸停止だったことがわかったと報じています。

死亡証明書によると、Jobs氏はカリフォルニア州パロアルトの自宅で、現地時間5日午後3時頃(日本時間6日午前7時頃)に、妻と親族に看取られながら息を引き取ったということです。

[ロイター: ジョブズ氏の死因は膵臓腫瘍による呼吸停止、妻が看取る]

関連ページ