PBWEB.jp > ニュース > フラッシュバック、レトロなフィルム風映像を作るFinal Cut Pro Xプラグイン2種類を発売

フラッシュバック、レトロなフィルム風映像を作るFinal Cut Pro Xプラグイン2種類を発売

フラッシュバックが、Final Cut Pro X 用プラグインとして、映像にわざと光漏れや、輪郭にぼけのエッジなどをつけるヴィネット、カラープロセッシングの効果などを加えて、ヴィンテージカメラの風合いを再現する「Red Giant Carousel」と、8mm/16mmフィルムのカラー、粒子、ダメージを加えて、50~80年代風の古いホームムービーを再現する「Red Giant Retrograde」のダウンロード販売を開始しています。

価格は各5,040円 (税込み) です。

関連ページ