PBWEB.jp > ニュース > WWDC 2013 基調講演での発表

WWDC 2013 基調講演での発表

アップルが、Worldwide Developers Conference 2013 で下記の新製品、新サービスを発表しています(2:00より随時更新)

  • OS X 10.9:ネコ科に代わるコードネーム「Mavericks」、Finderタブ、タグ、進化したマルチディスプレイ、CPUやメモリ制御の効率化、新しいSafari/Mail.app、iCloud Keychain(端末間でのパスワード連携)、新しいカレンダー、マップアプリケーション(Macで見たナビ結果をiPhoneに送ることも可能)、MacにもiBooksを導入、今秋リリース(開発者向けプレビューは本日配布)
  • MacBook Air:一日持つバッテリー(11インチで9時間、13インチで12時間)、Haswell搭載、新たな無線LAN規格802.11ac、11インチは999ドルから、13インチは1,099ドルから本日発売
  • AirMac、Time Capsule:802.11ac対応
  • Mac Pro:まったく新しい円筒型デザイン、次世代12コアXeonプロセッサを、Thunderbolt 2、Dual Workstation GPU(4Kディスプレイ対応)、今年後半に発売
  • iWork:iCloud対応、Webブラウザで利用可能、ベータを本日、パブリックベータを今年後半に公開
  • iOS 7:まったく新しいフラットデザイン、壁紙はアイコンの後ろにあるように動く、各アプリのルック&フィールの刷新、フォルダーに入るアプリ数の制限を廃止、ロックスクリーンで通知パネルを見ることが可能、Control Center(さまざまな機能を一箇所でコントロール)、全てのアプリでバックグラウンド動作可能に、新しいSafari、AirDrop(周囲の人と簡単にファイル共有)、カメラ(ライブフィルター)、写真(カメラロールで、自動的にイベントごとにまとめる機能)、Siri(新しいインターフェイス、新しいボイス、機能追加)、自動車との統合、App Storeに年齢や近所で人気のアプリを表示、アプリの自動アップデート、iCloudからの音楽再生をサポート、iTunes Radio(似た曲を聴くことができ、履歴からiTunes Storeで購入可能、米国より開始)、FaceTime audio、Activation lock、1,500の新しいAPI、ベータは本日提供、リリースは今秋
Worldwide Developers Conference 2013
関連ページ