PBWEB.jp > ニュース > ソニー、被写体の大きさを認識する新開発「ロックオンAF」を搭載したデジタル一眼「α58」を発売

ソニー、被写体の大きさを認識する新開発「ロックオンAF」を搭載したデジタル一眼「α58」を発売

ソニーが、デジタル一眼レフカメラ「α58」を8月9日に発売すると発表しています。

独自の被写体認識技術に新たに被写体の大きさを認識できる画像解析アルゴリズムを加えることで、動きのある被写体を撮影する時にもピントを合わせ続けられる新機能「ロックオンAF」機能を搭載しています。
センサーには、新開発の有効約2010万画素の“Exmor” APS HD CMOSセンサーを採用し、そのイメージセンサーに最適化した画像処理エンジン“BIONZ”との組み合わせによって、高い描写性能や豊かな階調表現を実現しています。

価格はオープンプライスです (市場推定価格は、ダブルズームレンズキット、高倍率ズームレンズキットとも85,000円前後)。

α58

[プレスリリース: 被写体の大きさを認識することで合焦精度が向上し、かけがえのない瞬間を逃さない
レンズ交換式デジタル一眼カメラ“α58”発売
]

関連ページ