PBWEB.jp > ニュース > ニコン、バリアングル液晶モニター採用の多機能デジカメ「COOLPIX S6600」を発売

ニコン、バリアングル液晶モニター採用の多機能デジカメ「COOLPIX S6600」を発売

ニコンイメージングジャパンが、COOLPIX Sシリーズ初となるバリアングル液晶モニターを採用し、多彩なアングルでの撮影が楽しめるコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S6600」を8月29日に発売すると発表しています。

有効画素数1602万画素、裏面照射型CMOSセンサー、レンズシフト方式手ブレ補正、レンズ前約2cmまでのマクロ撮影を可能にする光学12倍ズームのNIKKORレンズを搭載。また、手のひらでカメラを遠隔操作できる「ジェスチャー操作」を新搭載し、離れたところから撮影やズーム操作ができます。
さらに、Wi-Fiを内蔵し、撮影した画像をスマートフォンやタブレット端末などへ簡単に転送することもできます。

カラーは、ナチュラルホワイト、スマートブラック、ラズベリーレッド、シルキーピンクの4色。
価格はオープンプライスです (実売予想価格は30,000円前後)。

COOLPIX S6600

[プレスリリース: バリアングル液晶モニター採用で自分撮りも簡単にできる、光学12倍ズーム搭載の多機能モデル「COOLPIX S6600」を発売]

関連ページ