PBWEB.jp > ニュース > ニコン、同社初のWi-FiとGPSを内蔵したデジタル一眼レフカメラ「D5300」を発売

ニコン、同社初のWi-FiとGPSを内蔵したデジタル一眼レフカメラ「D5300」を発売

ニコンイメージングが、光学ローパスフィルターレスのニコンDXフォーマットCMOSセンサーを搭載したエントリークラスのデジタル一眼レフカメラ「ニコン D5300」を11月中旬に発売すると発表しています。

ニコンのデジタル一眼レフカメラとしては初めてWi-FiとGPSを内蔵し、スマートフォンなどと接続して写真転送したり、写真に位置情報を付加したりできます。
また、ワイド3.2型のバリアングル液晶モニターを搭載しています。
本体に炭素繊維を用いた新素材を採用し、モノコック構造を実現することで、バッテリーおよびSDメモリーカードを含んで約530グラムの軽量化を果たしています。

カラーは、ブラック、レッド、グレーの3色(ボディー単体はブラックのみ)。
価格はオープンプライスです。

Nikon D5300

[プレスリリース: ニコンデジタル一眼レフカメラで初めてのWi-Fi®、位置情報機能(GPS)内蔵
バリアングル液晶モニター搭載のエントリーモデル「ニコン D5300」を発売
]

関連ページ