PBWEB.jp > ニュース > フラッシュバック、3Dの球体を作成するAfter Effectsプラグイン「Power Sphere」を発売

フラッシュバック、3Dの球体を作成するAfter Effectsプラグイン「Power Sphere」を発売

フラッシュバックが、3Dの球体を空間でコントロールするAfter Effects用プラグイン「Power Sphere」のダウンロード販売を開始しています。

球体にマッピングしたい素材をテクスチャとして指定するだけで、簡単にマッピングすることができます。
また、楕円の歪みや展開、シェーディング、反射、被写界深度設定機能を搭載し、After Effectsのライトやカメラと連動するため、リアルな球体を3Dで作成し、ダイナミックなアニメーションを作成することができます。

価格は、4,620円 (税込み) です。

Power Sphere
関連ページ