PBWEB.jp > ニュース > アップル、iOS 8の機能改善とバグを修正する「iOS 8.0.1」をリリース

アップル、iOS 8の機能改善とバグを修正する「iOS 8.0.1」をリリース

iOS 8 アップルが、iPhone 4s以降、iPod touch 第5世代、iPad 2以降、iPad mini、iPad mini Retinaディスプレイモデル向けに「iOS 8.0.1」を配布しています。

対象となる iPhone / iPod touch / iPad を iTunes と接続し、概要タブにある「アップデートを確認」ボタンでアップデートします。
また、iPhone / iPod touch / iPad 単体では、「環境設定」アプリの「一般」→「ソフトウェアアップデート」でもアップデートできます。

※ アップデートすると、携帯電話の電波を受信できなくなり、Touch IDも利用できなくなるという報告が、Twitterなどで多数あるようです。
※ 3:20現在、アップデータの配布は中止されています。

このリリースには、以下のような機能改善およびバグの修正が含まれます:

  • HealthKitのAppをApp Storeで入手可能にできるようにバグを修正
  • ユーザがパスコードを入力したときに他社製のキーボードの選択が解除されることがある問題に対処
  • 一部のAppがフォトライブラリの写真にアクセスできない問題を修正
  • iPhone 6およびiPhone 6 Plusでの簡易アクセス機能の信頼性が向上
  • SMS/MMSメッセージの受信時にモバイルデータ通信が予期せず使用されることがある問題を修正
  • App内課金に関するファミリー共有の“承認と購入のリクエスト”のサポートが向上
  • iCloudバックアップから着信音が復元されないことがある問題を修正
  • Safariから写真やビデオをアップロードできないバグを修正

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

関連ページ