PBWEB.jp > ニュース > アップル、純正Webブラウザ「Safari」をアップデート

アップル、純正Webブラウザ「Safari」をアップデート

アップルが、OS X Yosemite向けにWebブラウザ「Safari 8.0.2」をリリースしています。

App Storeアプリの“アップデート”でアップデートできます。

Safari 8.0.2 アップデートはすべての OS X Yosemite ユーザに推奨され、操作性、安定性、およびセキュリティの改善を含む以下の修正を含んでいます:

  • iCloud Drive が入っていない場合にデバイス間で履歴が同期されない問題を修正
  • 2 個のデバイスを iCloud キーチェーンに追加すると保存されたパスワードが自動入力されなくなる問題を修正
  • Retina ディスプレイでの WebGL グラフィックスのパフォーマンスを改善
  • Firefox からユーザ名とパスワードを読み込める機能を追加
  • 8.0.1 アップデートのインストール後に稀に発生する、一部のユーザが Safari にアクセスできなくなる問題を修正

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のサイトを参照してください:
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

また、OS X Mavericks向けには「Safari 7.1.2」、OS X Mountain Lion向けには「Safari 6.2.2」がリリースされています。

いずれも、“ソフトウェア・アップデート”でアップデートできます。

Safari
関連ページ