PBWEB.jp > ニュース > WWDC 2015 基調講演での発表

WWDC 2015 基調講演での発表

アップルが、Worldwide Developers Conference 2015 で下記の新製品、新サービスを発表しています(2:00より随時更新)

  • OS X 10.11:El Capitan、進化したMail.app、Safari、Spotlight、Mission Control。3Dグラフィックのリアルタイムレンダリング「Metal for Mac」。開発者にはベータを本日提供、パブリックベータは7月、リリースは秋(無料アップグレード)
  • iOS 9:SiriはAppleWatchのSiriに似た新UI、高速化し、事前予測(Proactive Assistant)を行い先回りしたアクションを起こす。来月、英国でApple Pay開始。Apple Payに店舗のポイントカードなども登録可能。Passbookはウォレットに。新しいNotes。マップも進化し、バス、電車、地下鉄などの乗換え案内を搭載し、歩く時間も含め、ナビが可能に(欧米と中国の都市部より提供)。新しいアプリ「News」、好みに合わせたニュースを好きなレイアウトで表示。iPad向け機能:QuickType、新しいマルチタスキング(iPad Air、iPad Air 2、iPad mini 2/3 に対応)。省電力モード。開発者向けに新しい3つのフレームキット。新しいHealthKitとHomeKit、CarPlay。Swift 2、オープンソース化し今年中にリリース。iOS 9は、開発者向けにはベータを本日提供、パブリックベータは7月、リリースは秋(無料アップグレード)。対応デバイスは、iOS 8と同じ。
  • watchOS 2:時計の盤面では、自分の写真にすることが可能、複数の情報を表示可能。Time Travel:デジタルクラウンで、未来や過去の情報を表示。充電中、横向き表示も可能に。デジタルタッチでは、色の変更が可能。メールでは返信が可能。フィットネスは情報画面が改善、Siriで利用可能、バッジはSNSで共有可能に。Siriも進化。Apple Watch単独で動くネイティブアプリを作れるSDKを提供、各センサー類にも直接アクセス可能。開発者にはベータを本日提供、リリースは秋(無料アップグレード)
  • Apple Music:定額制の音楽ストリーミングサービス。その場にふさわしい曲を選曲する「My Music」。世界3つの都市から送られる休みのないラジオ「Apple Music Beats 1」。ファンとアーティストがつながる場。iOS 8.4のミュージックアプリとMacのiTunesで6月30日開始。100カ国以上で開始。月額9.99ドル(6人までのファミリー共有が14.99ドル)。3ヶ月の無料試用期間。
WWDC2015
関連ページ