PBWEB.jp > ニュース > WWDC 2016 基調講演での発表

WWDC 2016 基調講演での発表

アップルが、Worldwide Developers Conference 2016 で下記の新製品、新サービスを発表しています(2:00より随時更新)

  • watchOS 3:アプリ起動の高速化、起動中のアプリを切り替えるDock、コントロールセンター搭載、メッセージ返信の改良(英語と中国語に対応した手書き認識)、アクティビティリングのウォッチフェイスへの組み込み、新しいウォッチフェイス、スワイプでのウォッチフェイスの切り替え、ワンタッチの緊急通話(各国で利用可能)、アクティビティ状況を共有して競える機能、車椅子でのアクティビティを検出可能に、新アプリ「Breathe」。Developer Previewは本日より、正式リリースはこの秋。
  • tvOS:iPhpneのRemoteアプリでSiriや加速度センサーも利用可能に、暗い部屋での視聴向けにダークモード搭載、ゲームプレイの録画と共有。Developer Previewは本日より、正式リリースはこの秋。
  • OS X:macOSに名称変更、次期OSは「macOS Sierra」。「Auto Unlock」Apple Watchでログイン認証、「Universal Clipboard」複数デバイス間でクリップボードを共有、「iCloud Drive」でデスクトップに置いているファイルを共有、新しいファイルを本体に古いファイルはクラウドに置くなどした自動処理のストレージ容量節約、「Apple Pay on the web」Apple PayがMacでも利用可能に、タブを複数ウィンドウを持つすべてのアプリケーションで利用可能に(OSレベルで実装)、「Picture in Picture」動画が小さい画面でオーバーレイ表示、「Siri」Macで利用可能に。Developer Previewは本日より、パブリックベータは7月、正式リリースはこの秋。
  • iOS 10:「ロックスクリーン/ホーム画面でのユーザー体験の向上」本体を取り上げるとスリープ解除、コントロールセンターの改良、スワイプでカメラ起動、ウィジット改良、3D Touchの機能追加など。「Siriのサードパーティへの開放」メッセージ、搭乗予約、ワークアウト、支払い、VoIPなどで利用可能。「QuickType」Siriの解析をキーボードに。「写真」場所による地図上表示、顔認識、人や場所やトピックなど様々な条件による表示、自動レイアウトと自動編集によるアルバム生成。「マップ」刷新、行くべき場所の提案機能、新しいナビゲーション(渋滞情報/迂回、自動ズーム)、サードバーティによる機能拡張が可能に。「ミュージック」クリアでシンプルな新デザイン、歌詞表示。「News」新デザイン、購読機能を追加。「HomeKit」新アプリ“Home”で家の各操作が可能に、AppleTVを使って外出先からホームオートメーションを利用。「電話」留守番電話に内容をテキストに、電話番号検索で迷惑電話の認識。「メッセージ」リッチリンクでビデオなども再生可能、絵文字3倍拡大モード、絵文字を単語から入力する機能、さまざまな吹き出し効果、アイコンでの返事、手書きメッセージ、Digital Touch(筆順、心拍)、フルスクリーン効果、Message APIをサードバーティにも公開。ほかに、ノートでのコラボレーション、Live Photos編集、iPadのSafariで画面分割など多数の機能追加。プライバシーへの注力。iPhone 5以降に対応。Developer Previewは本日より、パブリックベータは7月、正式リリースはこの秋。
  • Swift:「Swift Playground」子ども向けのiPad用プログラミング学習アプリ、Developer Previewは本日より、パブリックベータは7月、正式リリースはこの秋、無料で提供。
WWDC 2016
関連ページ