PBWEB.jp > ニュース > アップル、Apple Watch 用ソフトウェア「watchOS 3.1」をリリース、国内でApple Payが利用可能に

アップル、Apple Watch 用ソフトウェア「watchOS 3.1」をリリース、国内でApple Payが利用可能に

アップルが、iPhoneの「Apple Watch」アプリ経由で、Apple Watch 用ソフトウェア「watchOS 3.1」をリリースしています。

iPhoneの「Apple Watch」アプリの「一般」→「ソフトウェア・アップデート」にてアップデートします。
アップデートをインストールするには、Apple Watchが、Wi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にあり、充電器に接続された状態で、50%以上充電されている必要があります。

このアップデートは、日本で販売されるApple Watch Series 2用のApple Pay、そして問題の改善および修正を含みます。

  • 日本で販売されるApple Watch Series 2でApple Payが利用できるようになり、店舗やAppでクレジットカードやプリペイドカードでのお支払いが可能
  • 日本全国で、Suicaによる交通機関や店舗での支払いに対応
  • Apple Payを利用して、WalletでSuicaにチャージしたり、定期券を更新することが可能
  • “メッセージ”Appで、“吹き出し”および“スクリーン”エフェクトを再生する新オプションを追加
  • “視覚効果を減らす”がオンのときでもメッセージのエフェクトの再生が可能
  • タイマー終了が2回通知されてしまう問題を修正
  • Apple Watch Series 2が完全に充電できない問題を修正
  • アクティビティリングが文字盤から消えてしまう問題を修正
  • 他社製のAppで、Force Touchのオプションが表示されない問題を修正

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
http://support.apple.com/kb/HT201222?viewlocale=ja_JP

watchOS 3.1
関連ページ