PBWEB.jp > ニュース > WWDC 2018 基調講演での発表

WWDC 2018 基調講演での発表

Appleが、Worldwide Developers Conference 2018 で下記の新製品、新サービスを発表しています(2:00より随時更新)

iOS 12

  • iOS 11が動作するデバイスで利用可能。システム最適化により最大2倍の高速化。
  • さらに進化し、共有しやすいAR。様々なものを測定できる新アプリ「メジャー」。AR体験を共有できるAR kit 2提供開始。
  • 写真:場所やイベントを自動分類。For Youタブで今日の1枚を紹介。
  • Siri:特定のキーワードを使ってAppを起動(Siriショートカット)、複数のプロセスを登録することも可能。
  • App:ニュースアプリが強化されサイドバーからニュースの検索が可能。株価アプリは、チャート表示に対応。株価に関連するビジネスニュースも表示。iPadにボイスメモ搭載、iCloud対応。iBooksがApple Booksになり進化。CarPlayでサードパーティのカーナビアプリをサポート。
  • 通知:おやすみモードの強化。通知をロックスクリーンから制御可能に。通知のグループ化。
  • スクリーンタイム:デバイスをどのように使っているかレポートする機能。細かな使用制限も可能。
  • メッセージ:アニ文字で「舌」認識。新しいアニ文字キャラクター追加。カスタマイズしたキャラクターを作れる「Memoji」。写真に新たなフィルター効果やステッカー、アニ文字合成。
  • FaceTime:32人までのグループ通話。メッセージアプリのグループチャットから起動可能。アニ文字合成可能。

watchOS

  • アクティビティApp:友人と競うことが可能。より正確な運動計測。ヨガやハイキングも計測。ワークアウトの開始と終了を自動検出。
  • Walky-talky:Apple Watch同士のトランシーバー機能。セルラー通信とWi-Fiで可能。
  • Siriウォッチフェイスが進化。Siriショートカットにも対応。
  • 手首をあげて質問するだけでSiriが起動。
  • Web Kit対応で、Webコンテンツを表示可能。
  • Podcastアプリ搭載
  • NFCを使った学生証機能

新しいバンドとそれに合わせたウォッチフェイスを本日提供開始。

tvOS 12

  • Apple TV 4Kで、Dolby Atmos対応
  • iPhoneやiPadでも、TVコンテンツを視聴可能
  • 国際宇宙ステーションからの地球の映像を配信

macOS 10.14「macOS Mojave」

  • ダークモード:メニューバーやドックだけでなく、ウィンドウその他も暗く、コンテンツを見やすく。
  • ダイナミックデスクトップ:朝昼晩でデスクトップが変化。
  • デスクトップのファイルをスタック表示可能に。
  • Finder:新しいギャラリー表示(下にサムネイル、上に大きなプレビュー)。Quick Lookでマークアップ可能。
  • スクリーンショット:手軽に編集できる機能の追加。動画のキャプチャーも可能。
  • iPhoneをMacのカメラ、スキャナとして利用可能に。
  • 「ニュース」「株式」「ボイスメモ」「ホーム」アプリがMacに新搭載。
  • プライバシーとセキュリティ:サイトによる個人追跡をブロック。
  • Mac App Store:デザイン一新。「見つける」タブ搭載。

その他

  • Metal:Macの外部GPUにも対応
  • Create ML:高速な機械学習をMacで利用
  • iOSとmacOSを統合しないのか?→No
  • 2019年にiOSアプリをMacに移植できるように。
  • 各OSの開発者向けベータは本日提供。一般向けにはこの秋リリース
Worldwide Developers Conference 2018
関連ページ