PBWEB.jp > ニュース > Apple、Apple Watch 用ソフトウェア「watchOS 5.1」をリリース

Apple、Apple Watch 用ソフトウェア「watchOS 5.1」をリリース

Appleが、Apple Watch Series 1以降向けに、iPhoneの「Apple Watch」アプリ経由で、Apple Watch 用ソフトウェア「watchOS 5.1」をリリースしています(第1世代のApple Watchには対応していません)。

iPhoneの「Apple Watch」アプリの「一般」→「ソフトウェア・アップデート」にてアップデートします。
アップデートをインストールするには、Apple Watchが、Wi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にあり、充電器に接続された状態で、50%以上充電されている必要があります。

このアップデートには以下の改善とバグ修正が含まれています:

  • Apple Watch Series 4で転倒が検出されてから約1分間動かなかった場合、自動的に緊急通報サービスへの連絡が行われます。また、応急手当に当たってくれる人に、Apple Watchで転倒が検出されたことと、可能な場合は位置座標を共有することを知らせるメッセージも再生されるようになりました。
  • 一部のユーザで、“トランシーバー”Appのインストールが完了しない可能性がある問題を修正しました。
  • 一部のユーザが“トランシーバー”で参加依頼を送信または受信できない問題を解決しました。
  • 一部のユーザの“アクティビティ”Appで、過去に獲得したアクティビティバッジの一部が“バッジ”タブに表示されない問題を解決しました。

一部の機能は、国または地域によっては利用できない場合があります。詳しくは次のWebサイトを参照してください:
https://www.apple.com/jp/watchos/feature-availability/

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

watchOS 5.1
関連ページ