PBWEB.jp > ニュース > Apple、Apple Watch 用ソフトウェア「watchOS 5.1.2」をリリース ‒ 米国では心電図測定が可能に

Apple、Apple Watch 用ソフトウェア「watchOS 5.1.2」をリリース ‒ 米国では心電図測定が可能に

Appleが、Apple Watch Series 1以降向けに、iPhoneの「Apple Watch」アプリ経由で、Apple Watch 用ソフトウェア「watchOS 5.1.2」をリリースしています(第1世代のApple Watchには対応していません)。

iPhoneの「Apple Watch」アプリの「一般」→「ソフトウェア・アップデート」にてアップデートします。
アップデートをインストールするには、Apple Watchが、Wi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にあり、充電器に接続された状態で、50%以上充電されている必要があります。

このアップデートには、以下の新機能、改善およびバグ修正が含まれています:

  • Apple Watch Series 4の新しい“心電図”App(米国および米領のみ)。
    • 単極誘導心電図に似た心電図を記録できます。
    • 心拍に心房細動(不整脈の危険な症状)の兆候が見られるのか、洞調律(心拍の正常なパータン)であるのかが提示されるようになります。
    • 心電図の波形、分類、および顕著な症状をiPhoneの“ヘルスケア”AppでPDFに保存して、医師に見せることができます。
  • 心房細動の疑いのある心拍異常が検出された場合に通知を受け取る機能が追加されました(米国および米領のみ)。
  • 非接触型リーダーに触れたときに、Wallet内にあるサポート対象の映画チケット、クーポン、ポイントカードなどに直接アクセスできます。
  • アクティビティの競争中、1日あたりの得点の最大値に達したときに通知とアニメーションによるお祝いが表示されます。
  • インフォグラフに、メール、マップ、メッセージ、友達を探す、ホーム、News、電話、Remote用の新しいコンプリケーションが追加されました。
  • “トランシーバー”で会話可能かどうかをコントロールセンターから管理できるようになります。

一部の機能は、国または地域によっては利用できない場合があります。詳しくは次のWebサイトを参照してください:
https://www.apple.com/jp/watchos/feature-availability/

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

watchOS 5.1.2
関連ページ