PBWEB.jp > ニュース > Apple、キーボード修理プログラムの対象モデルを追加 ‒ 2018年以降発売の5モデルが追加され、対象は14モデルに

Apple、キーボード修理プログラムの対象モデルを追加 ‒ 2018年以降発売の5モデルが追加され、対象は14モデルに

Appleが、2018年6月に開始した「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」において、対象となるモデルを追加しています。

MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム

特定のMacBook、MacBook Air、MacBook Proモデルの一部に、以下のような症状が現れた場合に無償修理するプログラムです。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

追加されたのは、2018年以降に発売された次の5モデルです。

  • MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)
  • MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2018)
  • MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2019)

以下の9モデルは、開始時より対象となっています。

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)

Apple 正規サービスプロバイダやApple Store 直営店、または配送修理にて修理されます。
このプログラムは、対象のMacBook、MacBook Air、MacBook Proに対し、その最初の小売販売日から 4 年間適用されます。

関連ページ