PBWEB.jp > ニュース > Apple、Apple Watch 用ソフトウェア「watchOS 5.3」をリリース ‒ “トランシーバー”の修正を含む重要なセキュリティアップデート

Apple、Apple Watch 用ソフトウェア「watchOS 5.3」をリリース ‒ “トランシーバー”の修正を含む重要なセキュリティアップデート

Appleが、Apple Watch Series 1以降向けに、iPhoneの「Apple Watch」アプリ経由で、Apple Watch 用ソフトウェア「watchOS 5.3」をリリースしています(第1世代のApple Watchには対応していません)。

watchOS 5.3

iPhoneの「Apple Watch」アプリの「一般」→「ソフトウェア・アップデート」にてアップデートします。
アップデートをインストールするには、Apple Watchが、Wi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にあり、充電器に接続された状態で、50%以上充電されている必要があります。

このアップデートには以下の新機能、改善、およびバグの修正が含まれます。このアップデートはすべてのユーザに推奨されます:

  • “トランシーバー” Appの修正を含む重要なセキュリティアップデートが提供されます
  • Apple Watch Series 4の“心電図” Appが、カナダおよびシンガポールで利用可能になりました
  • 不規則な心拍の通知が、カナダおよびシンガポールで利用可能になりました

国や地域によっては、一部の機能を利用できない場合があります。詳しくは、こちらを参照してください:
https://www.apple.com/jp/watchos/feature-availability/

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

関連ページ