PBWEB.jp > ニュース > トリニティ、シンプルデザインのウェアラブルデバイス「weara」を来年1月に発売 ‒ 30日もつバッテリーで睡眠・運動を記録

トリニティ、シンプルデザインのウェアラブルデバイス「weara」を来年1月に発売 ‒ 30日もつバッテリーで睡眠・運動を記録

トリニティが、リストバンド型ウェアラブルデバイス「weara(ウェアラ)」を2020年1月に発売すると発表しています。

健康増進に必要な3大要素「食事・運動・睡眠」のうち、運動と睡眠にフォーカスした活動量計で、30日もつバッテリーでそれぞれの活動を記録します。

weara
CORE

本体となる「CORE」は10gほどで、そこにセンサー群やインジケータ、バッテリーが搭載されます。さまざまなバンドと組み合わせることができ、アクセサリーのように装着できます。
バンドは10種類のオプションが用意されています。また、ウォッチプレート(別売)を使うことで、一般の18mmの時計用交換バンドも利用できるので、好みに合った市販バンドを使うことができます。

Weara

IP67等級の防水性能を備えていて、日常生活で安心して使用できます。

Weara

iOS 9.0以上、Android 5.0以上に対応するオリジナルの専用アプリを用いて、活動を確認したり、提案を受けたり、モチベーションを高めたりできます。

また、wearaから得られる継続的な生体情報や付帯情報を、匿名化した上でユーザーに同意を得て、学術研究機関と共に解析が行われます。これにより、疫学的な研究結果を元に新たな発見をすることができることが期待されます。

2020年1月発売で、価格は17,800円(税込み)。本日より公式サイトで予約受付が開始されています。予約特典として、ホワイトのレザーバンドがプレゼントされます。

関連ページ