PBWEB.jp > ニュース > Apple、「iPadOS 13.4.1」をリリース ‒ FaceTimeのバグなどを修正

Apple、「iPadOS 13.4.1」をリリース ‒ FaceTimeのバグなどを修正

Appleが、iPad Pro、iPad 第5世代以降、iPad mini 4以降、iPad Air 2以降向けに「iPadOS 13.4.1」をリリースしています。

iPadOS 13.4.1

対象となる iPad を Mac と接続し、Finderウィンドウで一般タブにある「アップデートを確認」ボタンでアップデートします。
また、iPad 単体では、「環境設定」アプリの「一般」→「ソフトウェアアップデート」でアップデートできます。

iPadOS 13.4.1には、iPadで発生していたバグの修正が含まれます。

  • iOS 9.3.6以前またはOS X El Capitan 10.11.6以前を搭載したデバイスとのFaceTime通話にiPadOS 13.4を搭載したデバイスから参加できない問題を修正
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)および11インチiPad Pro(第2世代)のコントロールセンターまたはロック画面で、フラッシュライトボタンをタップしても点灯しないことがある問題に対処
  • ホーム画面で“設定” AppのクイックアクションメニューからBluetoothを選択しても反映されないバグに対処

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222

関連ページ