PBWEB.jp > ニュース > Apple、「macOS Catalina 10.15.4追加アップデート」をリリース ‒ FaceTimeのバグ修正など

Apple、「macOS Catalina 10.15.4追加アップデート」をリリース ‒ FaceTimeのバグ修正など

Appleが、Mac向けに「macOS Catalina 10.15.4追加アップデート」をリリースしています。

macOS Catalina 10.15.4追加アップデート

macOS Catalinaの「システム環境設定」の「ソフトウェア・アップデート」でインストールすることができます。

macOS Catalina 10.15.4追加アップデートを適用すると、Macの安定性とセキュリティが向上します。

  • macOS Catalina 10.15.4で動作しているMacコンピュータから、iOS 9.3.6以前またはOS X El Capitan 10.11.6以前で動作しているデバイスとのFaceTime通話に参加できなかった問題を修正
  • Office 365アカウントのパスワードを繰り返し求められることがある問題を解決
  • MacBook Air(Retinaディスプレイ、13インチ、2020)で、設定アシスタントの途中や、4Kまたは5Kの外部ディスプレイを接続解除してから再接続したときにフリーズすることがある問題を修正
  • MacのUSB-Cポートが反応しなくなることがある問題を解決

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、こちらを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT201222

関連ページ