PBWEB.jp > ニュース > WWDC 2020 基調講演での発表

WWDC 2020 基調講演での発表

Appleが、Worldwide Developers Conference 2020 で下記の新製品、新サービスを発表しています(2:00より随時更新)

WWDC 2020
  • iOS 14:Appライブラリでホーム画面の整理。進化したウィジット。ピクチャインピクチャ。Siriの進化、翻訳。メッセージアプリの改善、さらに多くのミー文字。マップの進化、坂道や交通状況を考慮した案内。iPhoneで車のロック解除、キーの共有。ビジュアルコードやNFCで必要に応じたアプリを簡単に使えるApp Clip。
  • iPadOS 14:進化したウィジット。サイドバーを備えた写真、メモ、ファイル、カレンダー、ミュージックの各アプリ。進化した検索「Universal Search」。
  • AirPodsの自動切り替え。AirPods Proサラウンド対応。
  • watchOS 7:文字盤の共有、ダンスのワークアウトを検知、睡眠スケジュール、就寝準備、睡眠状況、手洗い検知
  • アップルの最重要課題であるプライバシーでは、透明性とコントロールを提供。HomeKitのオープソース化。
  • tvOS 14:ピクチャインピクチャ。画面カスタマイズ。4K動画の共有。
  • macOS 11「macOS Big Sur」:Dock、Finderウィンドウの新しいデザイン。多くの標準アプリのデザイン刷新。コントロールセンター搭載。通知とウィジットの同時表示。一新されたメッセージアプリ、マップ(Catalystで開発)。Safariの高速化とさらなるプライバシー強化。
  • Appleシリコン:iPhone、iPad、Apple Watchなどのプロセッサ開発を元にMac用プロセッサを自社開発。ソフトウェアと緊密な連携が可能。Intelからの移行に両方のバイナリを含む「Universal 2」、Xcodeで再コンパイルするだけで作成可能。Intel向けアプリをAppleシリコン上で動作させるエミュレータ「Rosetta 2」。仮想環境「Virtualization」では、LinuxやDockerなども動作。iPhone、iPadのアプリもネイティブ動作。
  • 開発者向けにA12Z搭載のMac Miniを提供。年末には一般向けMacをリリースし、2年かけて移行予定。
  • 各OSは、本日ベータを提供。正式リリースは秋。
関連ページ