PBWEB.jp > ニュース > Apple、「iPadOS 13.6」をリリース ‒ バグの修正および改善

Apple、「iPadOS 13.6」をリリース ‒ バグの修正および改善

Appleが、iPad Pro、iPad 第5世代以降、iPad mini 4以降、iPad Air 2以降向けに「iPadOS 13.6」をリリースしています。

iPadOS 13.6

対象となる iPad を Mac と接続し、Finderウィンドウで一般タブにある「アップデートを確認」ボタンでアップデートします。
また、iPad 単体では、「環境設定」アプリの「一般」→「ソフトウェアアップデート」でアップデートできます。

iPadOS 13.6には、iPadで発生していたバグの修正および改善が含まれます。

  • Wi-Fiに接続されたときに自動でデバイスにアップデートをダウンロードするかどうかを選択するための新しい設定を追加
  • iCloud Driveからのデータの同期中にAppが応答しなくなることがある問題に対処
  • 特定の他社製ハードウェアキーボードに接続すると、ソフトウェアキーボードが予期せず表示されることがある問題を解決
  • 日本語のハードウェアキーボードが誤って英語(US)キーボードとしてマッピングされることがある問題を修正
  • AssistiveTouchが有効になっているときにコントロールセンターにアクセスした際の安定性に関する問題に対処
  • 常時接続のVPN接続によって送信されるトラフィックから除外するドメインを管理者が指定できるメカニズムを提供

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222

関連ページ