PBWEB.jp > ニュース > Apple、「iPadOS 15.1」をリリース ‒ SharePlayの追加など

Apple、「iPadOS 15.1」をリリース ‒ SharePlayの追加など

Appleが、iPad Pro、iPad 第5世代以降、iPad mini 4以降、iPad Air 2以降向けに「iPadOS 15.1」をリリースしています。

iPadOS 15.1

対象となる iPad を Mac と接続し、Finderウィンドウで一般タブにある「アップデートを確認」ボタンでアップデートします。
また、iPad 単体では、「環境設定」アプリの「一般」→「ソフトウェアアップデート」でアップデートできます。

iPadOS 15.1にはSharePlayが追加されます。SharePlayは、FaceTimeで家族や友達と体験を共有できるまったく新しい方法です。このリリースにはその他の新機能およびiPad用のバグ修正も含まれます。

SharePlay

  • SharePlayはFaceTimeとApple TV App、Apple Music、その他の対応しているApp Store提供Appのコンテンツを同期して体験を共有できる新しい方法
  • コントロールの共有により、全員が一時停止、再生、早戻し、早送りを行うことが可能
  • 友達が話したときに、映画、テレビ番組、曲の音量を自動的に下げるスマートボリューム機能
  • Apple TVでは、iPadでFaceTime通話を継続しながら、大画面で共有したビデオを視聴するためのオプションに対応
  • 画面共有により、FaceTime通話の参加者全員で写真を見たり、Webサイトを参照したり、お互いをサポートしたりすることが可能

翻訳

  • “翻訳” Appおよびシステム全体での翻訳で繁体字中国語(台湾)に対応

ホーム

  • HomeKit対応の湿度センサー、空気質センサー、または光量センサーの現在の値に応じて実行される新しいオートメーション

ショートカット

  • イメージやGIFの上にテキストを重ねて配置できる、あらかじめ用意されたアクション

このリリースには、以下の問題の修正も含まれます:

  • “写真” Appで、写真やビデオを読み込む際に誤って“十分な空き領域がありません”と報告されることがある問題
  • 画面をロックしたときにAppからのオーディオ再生が一時停止することがある問題
  • 利用可能なWi-Fiネットワークが検出されないことがある問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

関連ページ