PBWEB.jp > ニュース > Apple、「watchOS 9.1」をリリース ‒ Apple Watchの改善とバグ修正

Apple、「watchOS 9.1」をリリース ‒ Apple Watchの改善とバグ修正

Appleが、Apple Watch Series 4以降向けに「watchOS 9.1」をリリースしています。

watchOS 9.1

iPhoneの「Apple Watch」アプリの「一般」→「ソフトウェア・アップデート」にてアップデートします。
Apple Watch単体では、設定アプリの「一般」→「ソフトウェア・アップデート」でアップデートします。

アップデートをインストールするには、Apple Watchが充電器に接続された状態で、50%以上充電されている必要があります。
また、iPhone経由の場合はApple WatchがWi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にある必要が、Apple Watch単体の場合はApple Watch自体がWi-Fiに接続されている必要があります。

このアップデートにはApple Watch用の改善が含まれます。

  • Apple Watch Series 8、Apple Watch SE(第2世代)、およびApple Watch Ultraでの心拍数とGPSの測定頻度を下げる機能により、屋外ウォーキング、ランニング、およびハイキングのワークアウト中にバッテリー駆動時間を節約可能
  • Apple Watchが充電器に接続されていないときにWi-Fiまたはモバイル通信を使用してミュージックをダウンロード可能
  • 新しいスマートホーム接続規格、Matterに対応し、さまざまなホームアクセサリをエコシステム間で連携させることが可能

このアップデートには、Apple Watchのバグ修正も含まれます。

  • 屋外ランニング中の平均ペースの音声フィードバックが正しくない場合がある問題
  • 天気Appに表示される降水確率の予測がiPhoneの現在地の予測と一致しない場合がある問題
  • 1時間ごとの天気のコンプリケーションで、午後の時間帯に時刻が午前と表示される場合がある問題
  • 一部のユーザで機能的筋力トレーニングワークアウト中に表示される時間が進まない場合がある問題
  • 複数の通知を受信したときに、VoiceOverで通知を読み上げる前にApp名が読み上げられない場合がある問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222

関連ページ

Leave a Reply