2021.10.19

Apple、Mac用プロ向けビデオ編集ソフト「Final Cut Pro」をアップデート ‒ オブジェクト・トラッカーとシネマティックモード対応

Appleが、Mac App Storeにて、プロ向けビデオ編集ソフトウェア「Final Cut Pro 10.5.4」をリリースしています。

Final Cut Pro 10.5

シーン内のオブジェクトを自動的に追跡し、シネマティックモードで撮影したビデオを編集。新しいMacBook Proでワークステーションクラスのパフォーマンスを体験できます。

  • エフェクト、タイトル、またはジェネレータをビューアにドラッグすることで、機械学習を使用して顔やオブジェクトの動きを自動的に検出、追跡、照合
  • インスペクタからトラッカーを手動で追加し、マスクの形状を調整し、さまざまなタイプのトラッキング解析から選択
  • タイムラインでトラッキングエディタを使用して、既存のトラックのセグメントを素早く削除または再解析
  • ビューアのトラッカーソースのドロップダウンを使用して、既存のトラックにタイトルやジェネレータを追加
  • オブジェクト・トラッキングで、Apple Neural Engineを使用してAppleシリコン搭載のMacでのビデオ解析を高速化

シネマティックモード

  • iPhone 13のシネマティックモードで撮影されたビデオを編集(macOS Montereyが必要)
  • インスペクタのシネマティックコントロールを使用して、被写界深度エフェクトの強度を変更、および時間の経過に合わせてエフェクトを変化させるためにキーフレームを追加
  • ビューアのシネマティックツールで顔やその他のオブジェクトを選択することで、それに焦点を合わせることを選択
  • タイムラインでシネマティックエディタを使用して、焦点ポイントを表示または削除

また、Final Cut Proのタイトル、トランジション、エフェクトを思いのままにカスタマイズできるモーショングラフィックスソフト「Motion 5.6」、エンコーディングソフト「Compressor 4.6」もリリースされています。

Final Cut Pro
Final Cut Pro
カテゴリ:ビデオ
価格:36,800円
Motion
Motion
カテゴリ:ビデオ
価格:6,100円
Compressor
Compressor
カテゴリ:ビデオ
価格:6,100円

※記事中のアプリへのリンクは、App Storeアプリが開きます。
価格は記事掲載時のものであり、変更されていることがあります。

Apple、Mac用音楽制作アプリ「Logic Pro X」をアップデート ‒ 空間オーディオ対応とコンテンツ、機能の追加

Appleが、Mac用音楽制作アプリ「Logic Pro X 10.7」をMac App Storeにてリリースしています。

空間オーディオミックスを作成し、数千の新しいロイヤリティフリーのサウンドを楽しみ、新しいMacBook Proでワークステーションクラスのパフォーマンスを体験しましょう。

空間オーディオの作成

  • ミュージックを空間オーディオミックスに変換し、Apple Musicと互換性のあるドルビーアトモスのファイルを作成
  • 7.1.4チャンネルまでのスピーカー構成のメータリングおよびパンをサポートする強化されたミキサーを使用可能
  • 新しい3Dオブジェクトパンナーを使用して、臨場感のある音場にサウンドを配置
  • 統合されたドルビーアトモスのプラグインを使用して、ミックス内の3Dオブジェクトを視覚化し、別々のスピーカーの場合はマルチチャンネルモードで、ヘッドフォンの場合はバイノーラルモードでモニタ可能
  • SpaceDesigner、Limiter、Tremolo、Flanger、Phaserなどの7.1.4チャンネルをサポートする、拡張された13のプラグインにアクセス

追加されたコンテンツ

  • BoysNoize、Mark Lettieri、Mark Ronson、Oak Felder、Soulection、Take A Daytrip、Tom Misch、TRAKGIRLなどの今日の最大のヒットメーカーからの、ロイヤリティフリーのサウンドを含む8つのプロデューサーパック
  • スラップハウス、モダンアンビエント、および808のドラムキット、ベースサンプル、ループのコレクションをフィーチャーしたサウンドパック
  • 合計2800のループ、50のキット、120のパッチを追加
  • ドルビーアトモスの空間オーディオミックスを含む、Lil Nas Xのヒット曲“MONTERO”のオリジナルのマルチトラックプロジェクト

追加された機能

  • 洗練された新しいデザイン
  • ライブステップ録音、メロディックドラムパターン編集などを可能にするステップシーケンサーの拡張ツール
Logic Pro X
Logic Pro X
カテゴリ:ミュージック
価格:24,000円

また、Logic Pro XのコンパニオンiPhone / iPadアプリ「Logic Remote 1.5.2」もリリースされています。

  • ライブステップ録音、メロディックなドラムパターン編集などを可能にするステップシーケンサーツールの拡張に対応
  • 安定性の向上とバグの修正
Logic Remote
Logic Remote
カテゴリ:ミュージック
価格:無料

※記事中のアプリへのリンクは、iTunes/App Storeが開きます。
価格は記事掲載時のものであり、変更されていることがあります。
© 2004-2021 Apple Inc. All rights reserved.

Apple、Mac用ビデオ編集ソフト「iMovie」をアップデート ‒ シネマティックモード対応とM1 Pro/Max最適化

Appleが、Mac App Storにてビデオ編集アプリ「iMovie 10.3」をリリースしています。

iMovie

シネマティックモード

  • iPhone 13のシネマティックモードで撮影されたビデオを編集(macOS Montereyが必要)
  • インスペクタのシネマティックコントロールを使用して、被写界深度エフェクトの強度を変更
  • ビューアで顔やその他のオブジェクトを選択することで、それに焦点を合わせることを選択
  • ビデオタイムラインで焦点ポイントを表示および削除

Appleシリコン用に最適化

  • 新しいMacBook ProのM1 ProおよびM1 Maxに合わせた最適化により、パフォーマンスと効率が向上
iMovie
iMovie
カテゴリ:ビデオ
価格:無料

※記事中のアプリへのリンクは、App Storeアプリが開きます。
価格は記事掲載時のものであり、変更されていることがあります。
© 1999-2001, 2003-2021 Apple Inc. All rights reserved.

Apple、Mac向けの音楽作成アプリ「GarageBand」をアップデート ‒ プロデューサーパック、サウンドパック、ループ、キット、パッチを追加

Appleが、Mac用の音楽作成アプリ「GarageBand 10.4.4」をリリースしています。

  • Boys Noize、Mark Lettieri、Mark Ronson、Oak Felder、Soulection、Take A Daytrip、Tom Misch、TRAKGIRLなどの今日の最大のヒットメーカーからの、ロイヤリティフリーのサウンドを含む8つのプロデューサーパック
  • スラップハウス、モダンアンビエント、および808のドラムキット、ベースサンプル、ループのコレクションをフィーチャーしたサウンドパック
  • 合計2800のループ、50のキット、120のパッチを追加
GarageBand
GarageBand
カテゴリ:ミュージック
価格:無料

※記事中のアプリへのリンクは、iTunes/App Storeアプリが開きます。
価格は記事掲載時のものであり、変更されていることがあります。
© 2004-2021 Apple Inc. All rights reserved.

Apple、macOS Montereyを10月26日にリリース

Appleが、Mac用の新しいオペレーティングシステム「macOS Monterey」のページを更新し、10月26日にリリースすると発表しています。

macOS Monterey

Appleのスペシャルイベント「Unleashed.」での発表

Appleが、スペシャルイベント「Unleashed.」で以下の新製品、新サービスを発表しています(2:00より随時更新)

Unleashed.
  • Apple Music:Voiceプラン(月額4.99ドル)
  • HomePod mini:新色(イエロー、オレンジ、ブルー)11月発売
  • AirPods(第3世代):空間オーディオ対応、感圧センサー、新ドライバ、耐汗耐水性能、アダプティブイコライゼーション、最大6時間の再生時間、179ドル、本日受注開始、来週販売開始
  • M1 Proチップ:最大200GB/sのメモリ帯域幅、最大32GBのユニファイドメモリ、M1の2倍以上337億個のトランジスタ、10コアCPU、16コアGPU、グラフィックスパフォーマンスは M1より最大2倍高速
  • M1 Maxチップ:最大400GB/sのメモリ帯域幅、最大64GBのユニファイドメモリ、570億個のトランジスタ、10コアCPU、32コアGPU、GPUのパフォーマンスはM1の最大4倍、40%少ない電力で同等のパフォーマンス
  • MacBook Pro:16インチ(16.8mm厚、2.1kg、M1 ProとM1 Max搭載)と14インチ(15.5mm厚、1.6kg、M1 Pro搭載)の新筐体、フルハイトのファンクションキー搭載(TouchBar廃止)、Thunderbolt 4、HDMI、SDカードスロット、ヘッドフォンジャック、MagSafe 3搭載、ミニLED採用のLiquid Retina XDRディスプレイ(外枠が24%細くノッチあり、ProMotionテクノロジー搭載、100万対1のコントラスト)、1080pのカメラ、スタジオ品質のマイク、6スピーカーサウンドシステム、空間オーディオ対応、前世代比2倍の高速SSD(最大7.4GB/s)、14インチモデルは最大で17時間ビデオ再生、16インチモデルでは21時間、高速充電(30分で最大50%充電)をサポート、14インチは1,999ドル、16インチは2,499ドルから、カラーはシルバーとスペースグレイ、本日受注開始、来週販売開始
2021.10.18

音読さん、本日深夜のAppleイベント「Unleashed.」の音声による同時読み上げ番組を配信 ‒ 15日午前1:30開始

音読さんが、日本時間19日午前2時より開催されるAppleのオンラインイベント「Unleashed.」の日本語字幕を音声でライブ吹き替えする番組「Appleイベント日本語同時吹替番組 音読さん」をYouTube Liveおよびニコニコ生放送、Clubhouseにて配信すると案内しています。

音読さん

音読さんは、昨年10月のAppleのオンラインイベントの際に最終回を迎えた同時通訳番組「macwebcaster.com」の元スタッフやコメンタリー陣による実験プロジェクトで、AppleイベントのフリートークやAppleイベントの同時吹き替えを行います。
同時吹き替えでは、視聴者はAppleの配信の字幕を追う必要がなく、目を離していても音声で情報を得ることが可能です。

当サイトの運営管理人ほしいちも、コメンテーターとして参加します。配信は、19日午前1時30分からです。

なお、当サイトでもいつもどおり発表された新製品・サービスをリアルタイム更新でお届けします。

OWC、Thunderbolt 3接続で2つのDisplayPortを利用できる「Thunderbolt to Dual DisplayPort Adapter」を発売

OWCが、Thunderbolt 3に接続して2つのDisplayPort 1.4を利用できるアダプタ「Thunderbolt to Dual DisplayPort Adapter」を発売しています。

Thunderbolt to Dual DisplayPort Adapter

DSC(Display Stream Compression)に対応し、より高いリフレッシュレートを実現するとともにHDRにも対応しています。
シングルディスプレイでは最大8K@30Hz(DSC使用時では8K@30Hz以上)、デュアルディスプレイでは最大4K@60Hz(DSC使用時は、4K@144Hz、8K@30Hz)の解像度をサポートします。

価格は、12,800円(税込)。発売を記念して、以下の各オンラインストアでは10%オフで購入することができるクーポンが商品ページに用意されています。

以下の各オンラインストアでも購入できます。

2021.10.13

Apple、スペシャルイベント「Unleashed.」を現地時間10月18日にオンライン開催 ‒ 日本時間では19日午前2時より

Appleが、現地時間の10月18日午前10時 (日本時間19日午前2時) よりスペシャルイベント「Unleashed.」をオンラインにて開催すると発表しています。

Unleashed.

このイベントでは、Appleシリコン搭載の新MacBook Proや第3世代のAirPodsなどが発表されると期待されています。

2021.10.12

Apple、「watchOS 8.0.1」をリリース ‒ Apple Watchのバグ修正

Appleが、Apple Watch Series 3以降向けに「watchOS 8.0.1」をリリースしています。

watchOS 8.0.1

iPhoneの「Apple Watch」アプリの「一般」→「ソフトウェア・アップデート」にてアップデートします。
Apple Watch単体では、設定アプリの「一般」→「ソフトウェア・アップデート」でアップデートします。

アップデートをインストールするには、Apple Watchが充電器に接続された状態で、50%以上充電されている必要があります。
また、iPhone経由の場合はApple WatchがWi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にある必要が、Apple Watch単体の場合はApple Watch自体がWi-Fiに接続されている必要があります。

このアップデートには、Apple Watch用のバグ修正が含まれます。

  • Apple Watch Series 3の一部のユーザにソフトウェア・アップデートの進行状況が正確に表示されないことがある問題
  • Apple Watch Series 3の一部のユーザがアクセシビリティ設定を利用できない可能性がある問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222

Apple、「iPadOS 15.0.2」をリリース ‒ バグ修正とセキュリティ向上

Appleが、iPad Pro、iPad 第5世代以降、iPad mini 4以降、iPad Air 2以降向けに「iPadOS 15.0.2」をリリースしています。

iPadOS 15.0.2

対象となる iPad を Mac と接続し、Finderウィンドウで一般タブにある「アップデートを確認」ボタンでアップデートします。
また、iPad 単体では、「環境設定」アプリの「一般」→「ソフトウェアアップデート」でアップデートできます。

iPadOS 15.0.2には、iPad用のバグ修正と重要なセキュリティアップデートが含まれます。

このアップデートには、iPad用の以下のバグ修正が含まれます:

  • 写真を保存したスレッドまたはメッセージを削除すると、“メッセージ”からライブラリに保存された写真が削除される可能性がある問題
  • AirTagが“探す”の“持ち物を探す”タブに表示されないことがある問題
  • 日本語配列の外部キーボードに誤って英語(US)配列が使用されることがある問題
  • FinderまたはiTunesを使用してデバイスの復元やアップデートを実行するとiPad mini(第6世代)で失敗することがある問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

Apple、「iOS 15.0.2」をリリース ‒ バグ修正とセキュリティ向上

Appleが、iPhone 6s以降、iPod touch 第7世代向けに「iOS 15.0.2」をリリースしています。

iOS 15.0.2

対象となる iPhone / iPod touch を Mac と接続し、Finderウィンドウで一般タブにある「アップデートを確認」ボタンでアップデートします。
また、iPhone / iPod touch 単体では、「環境設定」アプリの「一般」→「ソフトウェアアップデート」でアップデートできます。

iOS 15.0.2には、iPhone用のバグ修正と重要なセキュリティアップデートが含まれます。

このアップデートには、iPhone用の以下のバグ修正が含まれます:

  • 写真を保存したスレッドまたはメッセージを削除すると、“メッセージ”からライブラリに保存された写真が削除される可能性がある問題
  • MagSafe対応iPhoneレザーウォレットが“探す”に接続されないことがある問題
  • AirTagが“探す”の“持ち物を探す”タブに表示されないことがある問題
  • CarPlayで、再生中にオーディオAppを開けないことや接続を解除できないことがある問題
  • FinderまたはiTunesを使用してデバイスの復元やアップデートを実行するとiPhone 13モデルで失敗することがある問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222