2020.01.29

Apple、「macOS Catalina 10.15.13 アップデート」をリリース ‒ バグ修正および改善

Appleが、Mac向けオペレーティングシステム「macOS Catalina 10.15.3 アップデート」をリリースしています。

macOS Catalina 10.15.3

macOS Catalinaの「システム環境設定」の「ソフトウェア・アップデート」でインストールすることができます。

macOS Catalina 10.15.3アップデートを適用すると、Macの安定性、信頼性、およびセキュリティが向上します。このアップデートをすべてのユーザに推奨します。

このアップデートには以下のバグ修正および改善が含まれています:

  • macOSを使用したSDRワークフローで、Pro Display XDRの低位グレイレベルのガンマ処理を最適化
  • 16インチMacBook Pro(2019)で、HEVCおよびH.264でエンコードされた4Kビデオをマルチストリームビデオ編集する際のパフォーマンスを改善
  • Safari 13.0.5

このアップデートについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT210642

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

Apple、Apple TV 4K/Apple TV HD向け「tvOS 13.3.1」をリリース

Appleが、Apple TV 4KおよびApple TV HD向けに「tvOS 13.3.1 (17K795)」をリリースしています。

Apple TVの「設定」アプリの「システム」→「ソフトウェア・アップデート」でアップデートします。

tvOS

Apple、「watchOS 6.1.2」をリリース ‒ 重要なセキュリティアップデート

Appleが、Apple Watch Series 1以降向けに「watchOS 6.1.2」をリリースしています。

watchOS 6.1.2

iPhoneの「Apple Watch」アプリの「一般」→「ソフトウェア・アップデート」にてアップデートします。
Apple Watch単体では、設定アプリの「一般」→「ソフトウェア・アップデート」でアップデートします。
アップデートをインストールするには、Apple Watchが充電器に接続された状態で、50%以上充電されている必要があります。
また、iPhone経由の場合はApple WatchがWi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にある必要が、Apple Watch単体の場合はApple Watch自体がWi-Fiに接続されている必要があります。

このアップデートには重要なセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

Apple、「iPadOS 13.3.1」をリリース ‒ バグ修正と改善

Appleが、iPad Pro、iPad 第5世代以降、iPad mini 4以降、iPad Air 2以降向けに「iPadOS 13.3.1」をリリースしています。

iPadOS 13.3.1

対象となる iPad を iPad を Mac と接続し、Finderウィンドウで一般タブにある「アップデートを確認」ボタンでアップデートします。
また、iPad 単体では、「環境設定」アプリの「一般」→「ソフトウェアアップデート」でアップデートできます。

iPadOS 13.3.1には、バグ修正と改善が含まれます。このアップデートには以下が含まれます:

  • “通信/通話の制限”でスクリーンタイムのパスコードを入力しなくても連絡先を追加できる場合がある問題を修正
  • “メール”でサーバ上の画像を読み込む”設定が無効になっていてもサーバ上の画像が読み込まれる場合がある問題に対処
  • “メール”で取り消す操作のダイアログが繰り返し表示される場合がある問題を修正
  • Wi-Fi経由でプッシュ通知が配信されない場合がある問題を解決
  • HomePodのSiriの声にインド英語を追加

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

Apple、「iOS 13.3.1」をリリース ‒ バグ修正と改善

Appleが、iPhone SE以降、iPod touch 第7世代向けに「iOS 13.3.1 ソフトウェア・アップデート」をリリースしています。

iOS 13.3.1

対象となる iPhone / iPod touch を Mac と接続し、Finderウィンドウで一般タブにある「アップデートを確認」ボタンでアップデートします。
また、iPhone / iPod touch 単体では、「環境設定」アプリの「一般」→「ソフトウェアアップデート」でアップデートできます。

iOS 13.3.1には、バグ修正と改善が含まれます。このアップデートには以下が含まれます:

  • “通信/通話の制限”でスクリーンタイムのパスコードを入力しなくても連絡先を追加できる場合がある問題を修正
  • U1超広帯域(UWB)チップによる位置情報サービスの使用を制御するための設定を追加
  • iPhone 11またはiPhone 11 Proで撮影したDeep Fusionの写真を編集するときに短時間の遅延が生じる場合がある問題に対処
  • “メール”でサーバ上の画像を読み込む”設定が無効になっていてもサーバ上の画像が読み込まれる場合がある問題を解決
  • “メール”で取り消す操作のダイアログが繰り返し表示される場合がある問題を修正
  • FaceTimeでワイドカメラの代わりに背面のウルトラワイドカメラが使用される場合がある問題に対処
  • Wi-Fi経由でプッシュ通知が配信されない場合がある問題を解決
  • CarPlayで特定の車両から電話をかけると音声にひずみが生じる場合がある問題に対処
  • HomePodのSiriの声にインド英語を追加

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

2020.01.23

Simplism、AirPods Pro / AirPodsのLightningポートに取り付けて落下を防ぐカラビナ付きホルダーを発売

トリニティが、オリジナルブランド「Simplism」より、AirPods ProおよびAirPodsLightningポートに取り付けて落下を防止する「AirPods / AirPods Pro用カラビナ付ホルダー」を発売しています。

AirPods / AirPods Pro用カラビナ付ホルダー

Lightningコネクターに挿し込むだけで取り付けることができ、バッグやベルトにぶら下げて持ち歩くことができます。

カラーは、ブラック、シルバー、レッド、ブルーの4色。

各色1,760円で、以下のオンラインストアなどで販売されています。

2020.01.22

フォーカルポイント、本革製のAirPods Proケース「AirSnap Pro for AirPods Pro」を発売

フォーカルポイントが、米国Twelve South社製の本革製AirPods Proケース「AirSnap Pro for AirPods Pro」の販売を開始しています。

AirSnap Pro for AirPods Pro

AirPods Proの充電ケースを収納して、スナップボタンを留めるだけで装着できます。S字ナスカン付きで、バッグやベルトにぶら下げて持ち運ぶことができます。ストラップも付属します。

装着したままLightningケーブルでの充電はもちろん、ワイヤレス充電も可能です。

カラーは、ブラック、コニャック、スレートブルーの3色。

各色4,378円で、同社オンライン直営ストアにて販売されています (税込み)。

2020.01.21

ヤノ販売、NAS RAID装置「Thecus N5810」のラインナップを拡大 ‒ 最大70TB

ヤノ販売が、RAID6に対応し、高速CPU、4GBメモリを搭載したNAS RAID装置「Thecus N5810」のラインナップに、70TBタイプをはじめとした多くの容量帯を追加しています。

Thecus N5810

Thecus社の製品「N5810」にハードディスクをセットアップした製品です。

保証内容も「ドライブ5年、筐体1年保証」が新たに設けられています。

ネットワーク接続で、MacとWindowsが混在した環境でのファイル共有が可能です。

価格はオープン価格です。

アミュレット、Thunderbolt 3対応 PCI Express 外付け拡張ボックス「OWC Mercury Helios 3S」を発売

アミュレットが、Thunderbolt 3接続の外付け拡張ボックス「OWC Mercury Helios 3S」の取り扱いを開始しています。

AMU HELIOS3S

Thunderbolt 3接続で、PCI Express 3.0 x16に対応した各種ボードを接続することができます。
ボードサイズはハーフレングス/フルハイト(173mm x 107mm)、2スロット占有タイプまで対応しています。
内部PCI Expressスロットは、x4での動作となります。グラフィックボードには対応していません。

背面には最大8Kまでの出力に対応したDisplayPort 1.4も搭載しています。

対応環境は、macOS 10.13以降、Windows 10です。

33,000円 (税込み) で、同社オンランストアなどで販売されています。

2020.01.18

OWC、Thunderbolt 3接続のPCIe拡張ボックスやMac Pro向けメモリアップグレードキットなどを発売 ‒ 発売記念5%オフクーポンも

OWCが、Thunderbolt 3接続のPCIe拡張ボックスのほか、Mac Pro向けのSSDドライブ用 PCI-e 変換アダプタ、メモリアップグレードキットをAmazonにて発売しています。

発売を記念して、1月26日までクーポンコード「VFP5GO2Z」を注文画面で入力することで、それぞれ5%オフで購入することができます。

2020.01.17

Anker、GaN採用でスリムデザインの65W 4ポート充電器「Anker PowerPort Atom III Slim (Four Ports)」を発売

アンカー・ジャパンが、次世代のパワー半導体素材「窒化ガリウム(GaN)」を採用した薄型のUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim (Four Ports)」を発売しています。

Anker PowerPort Atom III Slim (Four Ports)

1.8cmのスリムなサイズで、USB-Cを1ポートとUSB-Aを3ポート搭載した急速充電器です。
USB-Cは、USB Power DeliveryやQualcomm Quick Chargeなどと互換性のある独自技術「PowerIQ 3.0」を採用し、5V / 2.4A、9V / 3A、15V / 3A、20V / 2.25A の出力です。
USB-Aは3ポートあり、合計5V / 4A出力。各ポートは最大2.4Aです。

価格は、4,299円(税込み)で、同社オンラインストアなどで販売されています。

フォーカルポイント、2人同時に使えるBluetoothトランスミッター「AirFly」のUSB-C版を発売

フォーカルポイントが、Bluetooth未対応のUSB-CデバイスでもBluetoothイヤホンやヘッドホンが使えるBluetoothトランスミッター「Twelve South AirFly USB-C」を発売しています。

Twelve South AirFly USB-C

iPad ProなどのUSB-Cポートに接続することで、AirPodsなどのBluetoothイヤホンやヘッドホンでオーディオを再生できます。
コーデックは、SBCやaptXのほか、遅延が非常に少ないaptX-LL(aptX Low Latency)にも対応しています。

ワイヤレスイヤホンを2台まで同時に接続することができます。20時間連続再生可能なバッテリーを搭載。

7,678円(税込み)で、同社オンライン直営ストアにて販売されています。